トップページに戻る
〜2015年 対人援助職スキルアップ研修のご案内〜 家族支援の視点と方法
仙台会場のご案内 主催:西片医療福祉研究会
弊会は、保健・医療・福祉の専門職への技術支援を目的とし2004年に発足いたしました。自治体や職能団体、企業からの委託及び依頼によるセミナーや研修、ワークショップ、弊会独自のスキルアップ研修を企画運営しております。
今回は、対人援助に携わる専門職からリクエストの多い「家族支援」に関する研修会(基礎編)をご案内いたします。
対人援助職にとって、家族は支援を行っていく上で欠くことのできないパートナーですが、家族対する基本的な知識や支援方法を学ぶ機会が少ないのが現状です。
家族をどう捉え、どのようにかかわっていけばよいのか悩む専門職は多いと思います。
特に保健、医療、介護、福祉、教育の分野においては、家族をも含めた支援の必要性は語られていますが、その方法論は、開拓段階にあると言わざるを得ません。少子高齢社会において、家族は益々捉えにくい存在になりつつあります。
そこで、今回は、対人援助を行う上で必要な「家族支援の視点」と家族を理解するための枠組みとして「家族システム」について検討し、家族への「支援方法」、具体的な「家族面接の技術」について2日間連続で学んでいただく企画です。
ふるって、ご参集ください。

プログラム 日 時
(1)対人援助における家族支援の視点
   現代社会と家族、医療やケアと家族、家族支援の必要性
(2)家族システム理論について
   ボーエン理論の枠組、家族のアセスメント、理論の活用とは
2015年2月26日(木)
9:30〜12:30 家族支援の視点
12:30〜13:30 昼休憩
13:30〜17:00 家族システム理論
(3)家族支援の方法
・家族支援の目的と支援目標、家族支援の計画立案、留意点
(4)家族面接の理論実際
・DVDによるモデリング学習、シナリオを用いた模擬面接
(5)2日間のまとめと今後に向けて
2015年2月27日(金)
9:30〜12:30 家族支援の方法
12:30〜13:30 昼休憩
13:30〜16:30 家族面接の理論と実際
16:30〜17:00 まとめとフィードバック


日 程 2015年2月26日(木)〜2月27日(金)
対象者 対人援助に携わる専門職(保健師、看護師、ケアマネジャー、社会福祉士、介護福祉士、施設職員、相談員、教員職員など)
定 員 20名(定員になり次第、締め切ります)
講 師 山田美代子(社会福祉学修士・医療ソーシャルワーカー・日本家族研究・家族療法学会会員、 東京医科歯科大学非常勤講師他)
会 場 フォレスト仙台・第9会議室(仙台市青葉区柏木1-2-45)
参加費 15,000円(事前登録が必要です。定員は20名 定員になり次第、締め切らせていただきます。)
お申込み方法 下記のお申込書をダウンロードして必要事項を記入後、FAXして下さい。
FAX:03-3823-5514
お申込書ダウンロード(PDF) 

メールの場合は E-mail kusa@y5.dion.ne.jp へお願いします。
追って、受付通知と手続き方法を送らせていただきます。
お問合せ先 西片医療福祉研究会
TEL 080-9528-1133
E-mail kusa@y5.dion.ne.jp

このページを印刷する