トップページに戻る
平成24年度 ケアマネジャーのための医学講座(後期)ご案内 主催:西片医療福祉研究会
「T 要介護状態の背景と疾患の理解  U 災害医療と慢性期医療 V 延命治療に関して 」
 弊会は、対人援助職への支援を目的とした研修会やセミナーを企画運営しております。
 今回は、今年度の医学講座の後期3コースをご案内させていただきます。保健・医療・福祉分野の対人援助職の多職種連携の必要性について、介護保険法・医療法・社会福祉法に明記されています。福祉職が医学知識を得て、その整理することは、連携協働を促進させ、結果として利用者やご家族、また、サービス提供受持者にとっても安全・安心を保障することになります。医療と福祉(介護)の連携の必要性が強調されていますが、ケース紹介等の頻度も高くなってきます。ご自身の仕事の質を担保しておくためにも、医療と福祉の相互協力の環境を整えていきませんか。
 ふるってご参集くださいますようご案内申し上げます。
T:要介護状態の背景疾患の
  理解とケアプラン
平成24年10月23日(火曜日)19:00〜21:00
男女によって異なる要介護状態の背景を理解し、予防・回復・維持・看取りなどの目標を明確にしたケアプランを作成できるように知識の整理をしていただきます。
U:災害医療と慢性期医療の連結 平成24年11月13日(火曜日)19:00〜21:00
災害と隣り合わせの時代です。災害時の医療は超急性期、急性期、亜急性期、慢性期の医療に課題が生じます。平時の備えができていなければ、災害時に対応は不可能だといわれています。
V:延命治療に関して
  (倫理と論点)
平成24年12月11日 (火曜日)19:00〜21:00
老年医学会の高齢者ケアの意思決定プロセスに関するガイドライン〜人工的水分・栄養補給の導入を 中心として〜の解釈と「人間の命に向き合う」支援者の課題を考えます。
対 象 ケアマネジャー、ソーシャルワーカー
定 員 60名
参加費用 各3,000円(事前振込みとなります。)
会 場 会場は全て 文京区春日1-16-21 文京シビックセンター
T・Uは、26階スカイホール Vは決定後通知
文京シビックセンター:
東京メトロ 後楽園駅、都営地下鉄 春日駅  地下道でつながっています。
講 師 弊会学術顧問 山田 俊彦 (医学博士)
弊会代表   山田 美代子(西片医療福祉研究会・代表 医療ソーシャルワーカー)
お申込み方法 下記のお申込書をダウンロードして必要事項を記入後、FAXして下さい。
後日、振込先等のご連絡をさせていただきます。先着順とさせていただきます。
申し込んでから7日経過しても連絡がない場合は、不着の可能性がありますので、再送願います。
FAX:03-3823-5514
お申込書ダウンロード(PDF) 
お問合せ先 西片医療福祉研究会
TEL 080-9528-1133
E-mail kusa@y5.dion.ne.jp

このページを印刷する